おべんと綴り

12月24日 木曜日 Christmas 2015 牛すねの赤ワイン煮込み 

昨晩、一足早いクリスマス☆

ここ10年ほど焼いてた丸鷄、今年はやめて牛肉に。圧力鍋使って、すね肉を赤ワイン煮込みにしてみた。
ケーキもスイーツ職人の友人にお願いしたし、その他の料理も、並べるだけ系?のものがほとんどで、だいぶ楽した〜♪ 

b0288550_12080820.jpg
dinner 2015.12.23
*サーモンマリネ&アボカド塩麹漬け:北海道産トラウトサーモンお造り・ワインビネガー・塩麹・てんさい糖・ピンクペッパー
*とろろ豆腐のいくらのせ:自然薯・卵・絹こし豆腐・茅乃舎だし・いくら醤油漬け
*プロシュート&黒オリーブ&ブロッコリー蒸し炒め
*le petit mecのバゲット2種(生ハム&オリーブチーズ)
*牛すねの赤ワイン煮込み:十勝ナイタイ和牛すね・玉ねぎ・セロリ・人参・マッシュルーム・バター・大蒜・ホールトマト・塩麹・胡椒・薄力粉・赤ワイン・ローリエ・クレソン
*サラダ:トレビス・クレソン・しらす・柚子皮&絞り汁・黒ごま
*丹波大栗のタルト(Sさん作)
*Lohan Rosset



圧力鍋で作る、今年一押しレシピ♪
牛すねの赤ワイン煮込み
(4〜5人前)

◎材料
・牛すね肉:500g
・赤ワイン:400cc
・玉ねぎ:1個(スライス)
・セロリ:1/2本(斜め切りスライス)
・人参:小1本(一口大に切る)
・マッシュルーム:10個
・大蒜:1片(芯をとってつぶす)
・鷹の爪(お好みで):1本
・バター:大さじ1
・ホールトマト:1缶
・ローリエ:1枚
・薄力粉:適量
・EXオリーブ油:小さじ1
・塩麹:大さじ1
・胡椒

◎作り方
1、牛すね肉は大きめに切って、赤ワインに2時間〜1晩ほど浸けておく。汁気を拭き取り、軽く塩胡椒して、薄力粉を薄くはたく(つけ汁の赤ワインはとっておく)。
2、圧力鍋にEXオリーブ油と大蒜を入れて弱火にかけ、大蒜の良い香りがしてきたら、玉ねぎとセロリを入れ、薄く色づくまで炒めて、一旦取り出す。
3、同じ鍋にバターの半量を入れて溶かし、人参を炒め、油が回ったら、マッシュルームを加えてささっと炒め合わせ、また、一旦取り出す。
4、同じ鍋に残りのバターを入れて溶かし、1の牛肉を入れて、全体の表面をさっと焼き付ける。2の玉ねぎとセロリを加えて、鍋底の焦げ付きなどを絡めるようにして炒めて、1でとっておいた赤ワインを注ぎ、沸いたら、トマト缶・ローリエ・水2カップを加えて、蓋をして15分ほど圧をかける。
5、一旦火を止めて圧を抜いて蓋を開け、人参・塩麹・鷹の爪を加えて、今度は、圧をかけずに、蓋をして20〜25分程煮る。
6、マッシュルームを加えて、蓋をせずに水分を飛ばす感じで10分程煮込み、塩胡椒で味を整える。できれば一旦冷まして、味をなじませた方が美味しい。
b0288550_17173657.jpg

圧力鍋以外の鍋やフライパンを使わなくてすむように、いろんな人のレシピを参考にしながら、工程を練ってみた。この順番なら、圧力鍋1つを洗うのみ!
別のフライパンで肉を焼きつけて〜とかだと、洗い物が面倒で〜。

今回は、頂き物の十勝ナイタイ和牛のすね肉を使ったので、脂身もついてるいいお肉だったから、圧をかける時間が15分と、割と短くても柔らかくなったのだけど、お肉がまだ固いようなら、再度、5〜10分程、追加で圧をかけるといいかと。

これは本当に美味しく出来たー!
ビーフコンソメキューブなども使わず、塩麹のみのシンプルな味付けにして正解☆
素材の良さが引き立つ、太鼓判のおもてなし料理♪



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
スパイスブログ認定スパイス大使2015
スパイスブログ認定スパイス大使2015

2015年イチオシの料理レシピ
2015年イチオシの料理レシピ

[PR]
by amick | 2015-12-24 17:29 | 晩ごはん | Comments(0)
<< 12月25日 金曜日 サーモン... 12月23日 水曜日 ハーブ風... >>
▲このページの上へ