おべんと綴り

2017年 12月 11日 ( 1 )

12月11日 月曜日 地頭鶏と冬瓜のスープ煮

月曜日のmy弁当。
Aucklandで買って来たおにゅうの弁当箱、おろしてみた。
b0288550_18012196.jpg
12月11日 月曜日

・しらすと柚子と蕪の全粒粉フジッリ
・人参ときのこの明太子炒め
・地頭鶏の照り焼き
・地頭鶏と冬瓜のスープ煮



SISTEMAは、BPAという主にプラスチック製品に含まれる、人体に有害な化学物質を使っていない、NZの超定番システム容器のブランドだそうで、もうお弁当箱必要ないのだけど、プチプラだし、1つ買ってみたくなった次第。
見た目的には、100均のプラ容器とさして変わりないんだけどー。

色も形も大きさも豊富で、lunch boxシリーズだけでも、2段のサンドイッチボックスや、サラダボール的な大容量のもの、蓋つきマグカップ型のスープカップなど、たくさん種類があって、スーパーでかなーり悩んだ割には、この何の特徴もない、普通の容器をチョイス。蓋が白い"BAKE IT"というシリーズのもの。


話は全然変わってー。
先週、お歳暮で宮崎の高級地鶏、地頭鶏を丸一羽頂いたので、ガラで出汁を取ったり、余すことなく食べ尽くし中。

地頭鶏と冬瓜のスープ煮⭐︎
(2〜3人前)

◎材料
・鶏もも肉(できれば地鶏):1枚
・冬瓜:小1個(約800g)
・鶏がらスープ:2カップ
・酒:1/4カップ
・ローリエ:2枚
・塩麹:大さじ1
・大粗ブラックペパー:少々

◎作り方
1、鶏肉は塩麹小さじ2(分量外)をまぶして数時間おいておき、大きめの一口大に切る。冬瓜はわたを取り除き、薄く皮を剥いて、大きめに切る。
2、ル・クルーゼなどの厚手の鍋に、冬瓜と酒、鶏がらスープ、水1カップ、ローリエを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、蓋をして30分煮る。
3、鶏肉を加えて10分程煮て、塩麹を加えて更に5分程煮る。器に盛り、大粗ブラックペパーを振る。
b0288550_08054968.jpg

今回の鶏がらスープは、地頭鶏のガラでとったものだけど、ガラが手に入らなければスープの素を使っても。
秋口に産直で買った冬瓜、存在をすっかり忘れていて今頃食べてるのだけど、ローリエの香りにブラックペッパーのキリッとさが加わり、寒いこの時期に美味しい、じんわり優しい味の1品になったー。
地鶏を使うと、ご馳走感が出るので、パーティー料理にも良いかな〜と。
b0288550_08061358.jpg
モニターに選んで頂き、ありがとうございました。

この日のその他はこんな感じ↓。
b0288550_08052492.jpg
dinner 2017.12.9
*地頭鶏レバー&砂肝のバターソテー:レモンペッパーソルト
*地頭鶏と冬瓜のスープ煮:地頭鶏もも・塩麹・ローリエ・大粗ブラックペッパー・地頭鶏ガラスープ・酒
*豆乳豆腐の蕪浅漬けのせ:豆乳・にがり・蕪とがごめ昆布と柚子の浅漬け・ゆかり
*サラダ:白菜・紫キャベツ・ミックスリーフ・黒ごま
*白ごはん
*自家製柚子味噌:柚子皮&絞り汁・激辛薬味・味噌2種



こちら↓は、昨夜のごはん。
b0288550_18445782.jpg
dinner 2017.12.10
*溶き卵スープ:地頭鶏ガラスープ・白菜・玉ねぎ・卵・醤油・胡椒・ラー油
*地頭鶏の照り焼き:地頭鶏胸肉塩麹漬け・EXオリーブ油・白ワイン・醤油・七味
*人参ときのこの明太子炒め:ごま油・ひら茸・しめじ・ふくやの辛子明太子・塩麹・酒
*サラダ:キャベツ・紫キャベツ・ミックスリーフ・大根・黒ごま
*しらすと柚子と蕪の全粒粉フジッリ:釜揚げしらす・すりごま・柚子皮&絞り汁・茅乃舎だし・EXオリーブ油・塩麹・胡椒・蕪とがごめ昆布の浅漬け・七味



そして、こちら↓は、木曜日の晩ごはん。
b0288550_10023571.jpg
dinner 2017.12.7
*宮崎地頭鶏のたたき(もも&胸):青ねぎ・七味
*蕪と柚子と納豆の和え物:がごめ昆布・すりごま・柚子皮&絞り汁・茅乃舎だし・塩麹
*サラダ:白菜・大根・柚子皮・黒ごま
*パエリア:赤海老・しめじ・人参・玉ねぎ・ニンニク・サフラン・EXオリーブ油・トマトペースト・地頭鶏ガラでとったスープ・塩麹・胡椒・チリペッパー



頂いた地頭鶏、年末年始に帰省してくるちゃにも食べさせてあげたいなと、半分近くは冷凍したのだけど、それでも毎晩、何かしらの地頭鶏料理!笑



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
年末年始のおもてなし料理レシピ
年末年始のおもてなし料理レシピ スパイスレシピ検索
[PR]
▲このページの上へ