おべんと綴り

カテゴリ:旅ごはん( 43 )

11月23日 木曜日 旅ごはん in Auckland

尻切れとんぼのNZ滞在記。ぼつぼつ挟んでいきます。

旅7日目の夜、南島から北島のオークランドへ空路移動。
オークランドでのある日の昼ごはんは、数少ない外ごはん⭐︎ と言っても、レストランじゃなくて魚屋さんだけどー。
港の西側、Wynyard Quarterにあるフィッシュマーケットに入っているOceanz。その場で好みの魚を揚げてくれて、外に併設されてるテーブルで頂けるスタイル。

ということで、NZ定番のフィッシュ&チップスをオーダー。魚はこの日のspecialだったHAPUKAという魚をチョイス。あとは、店頭の冷蔵ケースに並んでた、超大粒の生牡蠣⭐︎
b0288550_17340142.jpg
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

この牡蠣が、生涯食べてきた牡蠣の中で、No1に匹敵するほどの、ものすごい美味しさでびっくり!!
かなりなジャンボサイズな上に、ミルキー&クリーミー&超濃厚。牡蠣って、海のミルクって例えられてるけど、この牡蠣は本当に例えそのものの味!!めちゃめちゃ美味しかったー!!
なもんで、値札から調べてみると、クレブドンオイスターと言って、オークランド近郊にある有名な養殖所のプレミアム牡蠣のよう。オークランド在住と思われる日本人の方のブログにも結構ヒットし、美味しいと書いてる人が多数!
それとfishの方も調べてみたら、ハプカはマオリ語でなんとクエだったー!どうりでほわっと柔らかく、美味しかったわけ!
b0288550_18205922.jpg
クエのフィッシュ4切れ&チップスが9.5ドルに、ジャンボ生牡蠣6個で締めて1900円程。ちゃんとしたレストランに入らずとも、なかなかにレベル高いものが食べれて満足〜!


Wynyard Quarter から橋を渡ってすぐの、Viaduct Harbour から見たスカイタワー。
オークランドの定番撮影スポットじゃないかな〜。
b0288550_14404673.jpg


こちら↓は、ソフィテルホテル前から撮った、お気に入りのハーバーの図。
港は港でも、夏に旅したベネチアとはまた全然違った雰囲気で、こっちは開放感とフレッシュさを感じる〜〜。
b0288550_12232867.jpg

場所は変わって、こちら↓は、オークランドのおしゃれストリートの1つ、Ponsonby Rd. からのスカイタワー。
b0288550_15045334.jpg

オークランド中心部の西側、丘の上にあるポンソンビー地区。おしゃれな街と言われてるだけあって、可愛いcafeやお店がたくさん♡ 
お店を覗いたり、あちこち撮影しながら一人ぶらぶら。絵になるところもいっぱいあって楽しい♪
b0288550_15275637.jpg

b0288550_15182592.jpg

そして、ポンソンビーにあった本屋さん、paper plusにて、絵本とクリスマスカードをお買い上げ。
b0288550_17534663.jpg

”AOTEAROA"は、ニュージーランドのマオリ語名だそうで、NZの歴史から始まり、地理や有名人、食べ物など幅広くNZのことが書かれた新刊の大型絵本。
本屋で積み上げられてて、中を見たらとても良さげな内容だったのだけど、でっかい絵本なので持ち帰りが面倒だなあ〜と迷ったけど、せっかくだし、この機会にちょっとNZのことをお勉強してみようと思い購入。アマゾンで調べたら、まだ新刊すぎるのか?NZ国内以外では、今のところなかなか手に入りづらそうだったのだけど、しばらくすれば販売始まるかな?


そして、同じくpaper plusで見つけた、冬仕様でないクリスマスカードにちょっと興奮!
日本で売ってるクリスマスカードといえば、サンタやツリー、雪や星など冬のもので、私くらいの年齢のおばちゃんが気に入るようなものは、どちらかと言うと静かめ、暗めな柄のものが主流。10年前、11月にNYCに行った時も、やっぱり冬仕様のカードしか見かけなかったけど、NZのクリスマスカードはおなじみの冬柄のもの以外にも、明るい元気なイメージのものも多く、夏のクリスマスってこういうこと?!って、なんだか新鮮だったー!

中でも、空を飛べないキウイや、NZ固有の鳥たちをモチーフにしたクリスマスカードが素敵で、買って帰ることに。何種類もあったので、かなり悩んでこちらの2種類の柄をチョイス。
b0288550_18124316.jpg

このカードは、NZのクリスマスツリー「ポフツカワ」がモチーフに入ってたところもお気に入り。
b0288550_18214984.jpg

"pohutukawa"は、12月のクリスマス前後に花が咲くことから、NZのクリスマスツリーと言われてるそう。11月だったので、花はまだそこまでたくさん咲いていなかったのだけど、緑の葉っぱ×赤い花が、確かにクリスマスっぽい。
b0288550_18220784.jpg

旅先では、いつもスーパー巡りばっかりで、土産物屋や小洒落た雑貨店&衣料店などには、あまり行かないのだけど、覗いてみると楽しい〜〜。
今更だけど、これからは、食品以外にも、ちゃんとアンテナ張らねばだわ!!



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

[PR]

11月22日 水曜日 旅ごはん in Lake Tekapo フィッシュフライのヨーグルトディップ テカポ湖のルピナスと星空&マウントクック

20日、月曜日は、Queenstownをレンタカーで移動し、星空で有名なテカポ湖に宿泊。
半年以上前に予約したのだけど、宿泊施設が割と限られていて、キッチン付きの宿が、2bed roomsしか空いてなかったので、やむなくそちらに。恐ろしく広く、束の間のセレブ気分を味わう♪

おっきなバルコニー付きの2階建て豪華コテージに泊まった割には、1泊だけの日程だったから、食べきり優先で買い物もかなり厳選しなきゃで、この日のメニューは冷凍品だけどー!笑
b0288550_21084937.jpg
dinner 2017.11.20
*フィッシュフライのヨーグルトディップ:冷凍フィッシュフライ・カイエンペパー・サラダほうれん草・レモン・ギリシャヨーグルト・ハーブソルト・EXオリーブ油・ドライタイム
*サラダ:ミックスリーフ・サラダほうれん草・紫玉ねぎ
*オードブル;NZ産スモークサーモン・パプリカ・アスパラの塩茹で・トマト・ローズマリークラッカー・ピタパン



冷凍品を使ってお手軽♪
フィッシュフライのヨーグルトディップ⭐︎
(2〜3人前)

◎材料
・冷凍白身魚フライ:1パック(好きなだけ)
・レモン:1/2個(くし切り)
・カイエンペパー:4〜5振り(お好みの量)

ヨーグルトディップ
・ギリシャヨーグルト(or水切りヨーグルト):2/3カップ
・ハーブソルト:小さじ1
・EXオリーブ油:大さじ1.5
・GABANタイム:2〜3振り


◎作り方
1、白身フライはオーブントースター(orオーブン)で7〜8分、軽く焦げ目が付くまで焼く。
2、ヨーグルトディップの材料を混ぜ合わせる。
3、器に焼けた白身フライを盛り付け、レモンとディップを添え、カイエンペパーを振る。あればパセリなどのグリーンを添えると綺麗。写真はベビースピナッチ。
b0288550_21091632.jpg
胡椒を振ったフライも美味しいけど、カイエンペパーの辛さとヨーグルトディップが、白身フライにまたぴったり♪
もちろん、冷凍品じゃなくて、自分で衣つけて揚げたら更に美味しいかと〜。


テカポ湖といえばここ、善き羊飼いの教会⭐︎
ルピナスの咲き乱れるこの時期に、テカポ湖に訪れることが出来てラッキー♡
b0288550_05570203.jpg
しかし、ネットであがってる美しい写真はいつ撮ってるのか?、実際は、ものすごい数の観光客でごった返してる!!
青空と人の切れ間(でも写ってるけど)を1時間近く粘って、ようやくこの1枚⭐︎

そして肝心の星空はというとー。
善き羊飼いの教会は、夜も激混みだったー!!!笑
b0288550_15452567.jpg

なので、宿泊先の駐車場からも撮影。
b0288550_06155140.jpg
本当にものすごい数の星!で、圧倒される美しさ!!
三脚は持ってかなかったので手持ちで撮ったから、写真だと上手く撮れてなくて、すごさが伝わらないのが残念だけど、実物はほんとに「うわぁ〜っっ!!」と歓声をあげてしまうほどー!!信州、白馬の星空も綺麗だと思ってたけど、ここまでではないなあ。
生まれて初めての美しい星空に感動しっぱなし⭐︎


そしてその翌日。南島の最終日。
テカポ湖から100キロほど車で移動し、周辺一体が世界遺産に登録されているマウントクック国立公園をトレッキング。数あるコースの中から、一番人気と言われている往復3時間のフッカーバレートラックを選択。
歩き始めはどんより曇って霧雨まで降ってたのに、30分ほど歩くとどんどん雲が動いて、眼前にマウントクックご登場!
b0288550_17264073.jpg
この辺りは年間降水量4000mm、降水日数149日と不安定な気象のようで、はっきりと山の姿を見れる確率は低めのようだけど、持ち前の晴れ女力発揮⭐︎
標高3724m、NZ最高峰の姿が本当に格好良くて痺れました。笑

歩いたフッカーバレートラックの中で、個人的に川と遊歩道、そしてこの時期満開のマウントリリーも入る、この地点から撮るとめちゃphotogenicやん♡と思ってたら、帰り道、これからコースに向かう中東系の女子二人組に、ここの写真を見せられ、このポイントまで行くのに、あとどれ位かかる?と聞かれました。やっぱりフォトジェニックなとこやったんやわと納得。
b0288550_17193619.jpg
ちなみにゴールのフッカー湖までの距離を1としたら、その少し手前、3/4位進んだところにこのポイントがあります。
半日トレッキングし、このあとクイーンズタウンまでの300kmの道のりをほぼ私が運転して、夜の便でオークランドへ。長い1日だったー!



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
おうちバル料理レシピ
おうちバル料理レシピ スパイスレシピ検索
[PR]

11月18日 土曜日 旅ごはん in Queenstown グリーンマッスルの白ワイン蒸し&グリルチキン

ボジョレー解禁日の木曜日にNZに到着。
世界で一番早いボジョレーが飲めるんじゃ?!と思ったけど、こちらではボジョレーヌーボー売ってませんでした。NZワインの新酒は7月に出るそうで、フランス産にはあまり思い入れがないのか?自国のワインで棚が埋めらてます。

初日の晩ごはんは、スーパーで活きたグリーンマッスルを買って白ワイン蒸しに。綺麗な緑のムール貝、NZ近郊の海でしか獲れないそうで、おっきくて肉厚で、味も濃ゆくて最高!
海水に浸かって販売されてたからか?塩味がしっかり効いてて、味付け不要だったー。
b0288550_07512313.jpg
簡単家バルメニュー♪
グリーンマッスルの白ワイン蒸し⭐︎
(2人前)

◎材料
・グリーンマッスル(or ムール貝):500g
・白ワイン:50cc
・カイエンペパー:2〜3振り
・ドライイタリアンパセリ:2〜3振り

◎作り方
1、グリーンマッスルは洗って汚れを綺麗に取り除く。鍋に入れて白ワインを注ぎ、蓋をして火にかけ貝の口が開いたものから取り出す。
2、器に盛って、カイエンペパーとイタリアンパセリを振る。



NZのソーヴィニオンブランとグリーンマッスル、間違いのない組み合わせ♡
ピリッと辛いカイエンペパーがムールに合う!
この日のその他はこんな感じ↓。
b0288550_07520569.jpg
dinner 2017.11.16
*green musselsの白ワイン蒸し:グリーンマッスル・白ワイン・ドライイタリアンパセリ・カイエンペパー
*オードブルプレート:ローストラム・オリーブのマリネ・ポークハム・トマト
*チャバタ、五穀ブレッド、ブリーチーズ
*サラダ:ミックスリーフ・パプリカ



グリーンマッスルは、こんな感じで売られてたー。
b0288550_10172208.jpg

500gで、おっきいのが8個くらい。お値段2ドルちょっと。
レストランで食べたら、割といい値段するみたい(それでも安いけど)だから、自分で調理して食べると本当に安上がり!
b0288550_10340584.jpg
それにしても、クイーンズタウンは風光明媚で、本当に綺麗な街⭐︎
街の中心、ワカティプ湖の水も驚くほど澄んでる〜〜


街中をぐるりを散策した後は、NZっ子が愛するcookie timeのショップ、Cookie Barに寄ってみた。
ここでは、”hot cookies”というメニューがあって、”no bake cookie dough"と言うだけあって、焼いてない?ような食感のクッキー生地が6〜8種類くらいあり、アイスのようにカップに盛ってもらって、スプーンですくって食べるのだけど、これが本当に不思議食感!

今回は、チョコ+チョコチップのクッキードーと、これまたNZでポピュラーな、キャラメルチップのホーキーポーキが入ったバニラアイスのダブルをオーダー。
b0288550_16001554.jpg
上のホーキーポーキーアイスしか見えてないけどー(クッキードーはその下に入ってる)。。
う〜ん、ヤミー♪ しかし、甘いーっ! お酒loverには、二人で1カップで十分かな〜。


そして、こちら↓は、滞在2日目の晩ごはん。

買い物したPAK'SAVEで、チキンが広告の品?Special価格だったので、骨つきモモ肉を購入。持参したローズマリーパウダーをまぶしてオーブンで焼いたグリルチキンが、この日のメインディッシュ。
ちなみに、こちらでは、thigh(モモ肉)よりbreast(胸肉)の方が高い!
b0288550_05200931.jpg
dinner 2017.11.17
*グリルチキン:骨つき鶏もも・ローズマリーチキンパウダー・ピンクソルト・胡椒
*アスパラの塩茹で
*サラダ:ミックスリーフ・マッシュルーム・ベビースピナッチ
*Brie、Blue Brie、ミックスオリーブマリネ、トマト
*トマトとマッシュルームのフェットチーネ:ブラウンマッシュルーム・フレッシュダイストマト缶チリ味・EXオリーブ油・ハーブソルト・ピンクソルト・胡椒・カイエンペパー・ドライタイム



パスタはタコス用?の缶詰のトマトソースを利用。
買った時は普通にダイストマト缶だと思って、煮詰めてトマトソースパスタにするつもりだったのだけど、開けてみたら、そのまま食べた方が美味しそうだったので、茹でたフェットチーネと和えて。具は、超でっかいブラウンマッシュルームをスライスして加えてみた。



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
おうちバル料理レシピ
おうちバル料理レシピ スパイスレシピ検索
[PR]

7月21日 金曜日 旅ごはん in Venice 2 

先月末〜今月にかけて、母と旅したベネチア。

対岸のサンジョルジョマジョーレ教会の鐘楼に上り、そこから望んだ景色。サン・マルコ広場や寺院・鐘楼と、ドゥカーレ宮殿の美しい街並みが広がり、ずーっと眺めていられたー。
b0288550_18511438.jpg
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

今回の旅もまた、我が家定番の旅ごはん(自炊)をするために、アパートメントを手配。初の母娘旅だったのもあり、リアルト橋や魚市場も目の前の、ものすごく便利な立地のアパートをチョイス。そこにして大正解!

毎朝8時には市場に顔を出し、「今晩何にする〜?」って話しながら、新鮮な魚介やお野菜、果物を物色する楽しさったら!!
b0288550_19212217.jpg
b0288550_19205218.jpg
これだから、旅ごはんは止められない〜〜〜♡


もう何十回も旅ごはんを作っているので、現地での調理に必要なものが、私なりにほぼ決まっていて、今回の旅の事前準備、調理道具編はこんな感じ。
b0288550_13510113.jpg

上から、クックアップ(クッキングペーパー)、ジップ付きビニールバッグ、ラップ、牛乳パック、保冷剤、輪ゴム、ビニールタイ、アルミホイル、スポンジ、洗剤、竹箸、ビニール袋。


中でも、レシピブログさんのモニターで頂いた、洗って繰り返し使えるクックアップは、旅先の調理にも本当にお役立ちで、旅行の際は必ず、数枚は持参するようにしているお気に入り⭐︎

キッチンペーパーは、今まで泊まった宿の半分近くには置いてあったのだけど、もし、なかった場合、調理の際も相当不便だし、他にも布巾やキッチンクロスの用途でも使え、何より、荷物にならない!のだから、持参しない手はない〜〜!


ちなみに、今回のベネチアのアパートメントには、キッチンペーパーはロールごと備わっていたので、持参したクックアップは調理では使わずに済んだのだけど、他の用途を開拓!

お土産に買ったパルミジャーノ・レッジャーノを持ち帰る際、凍らせた保冷剤をクックアップで包み、チーズと共に保冷バックへ。丈夫なので、普通のペーパーだと濡れて破けてしまうところ、保冷バッグの中がびっちゃにならず、なまものの持ち帰りにも、すこぶる便利なことが判明!旅ごはんの必須アイテム確定♪



昨夜は夫が不在だったので、一人晩ごはん。
手羽先の塩麹漬けが、2本残っていたので、夕方に夏野菜などと一緒にハーブ煮込みを作成。
b0288550_13473583.jpg
dinner 2017.7.20
*鶏手羽と野菜のハーブ煮込み:手羽先塩麹漬け・ズッキーニ・男爵・人参・いんげん・新生姜・ローリエ・オレガノ・胡椒・塩麹・コンソメ・パルミジャーノレッジャーノ・レッドペパー



が、急ぎの用件に時間がかかりすぎ、夜中23時半からの晩ごはんになってしまった。。。
けど、ベネチアで買ってきた白桃のお酒、BELLINI開封〜。
普段、こんな感じの可愛い女子的なお酒を飲むことは、まずないのだけど、ベネチア生まれのお酒ってことだったので、自宅用に小瓶の3本セットを購入してみたわけ。
うん、美味しい!というか、これはもうジュースやな。。



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

レシピブログに参加中♪

スパイスブログ認定スパイス大使2017
スパイスブログ認定スパイス大使2017

ぬれても破れない!「クックアップ」でラクラク♪絞る!つけ込む!蒸す!でひろがる我が家のごはん
ぬれても破れない!「クックアップ」でラクラク♪絞る!つけ込む!蒸す!でひろがる我が家のごはん

都会と田舎と世界を行き来する新しいライフスタイル

松本 茅野 諏訪 塩尻で新築・建て替えをご検討の方へ


[PR]

7月5日 水曜日 旅ごはん in Venice  

1週間、ブログお休みしてました。
6月最終週から、夫の米ポートランド出張に合わせ、母娘でベネチアへ。

と言っても、ちゃとではなく、私が娘の方!
今回もアパートメント借り、互いにマイペースな母子で、ぼちぼち過ごして来ました。
b0288550_22415490.jpg

ベネチアは3度目だけど、実に22年ぶり!!
初めて訪れた時は、こんな都市があるんだ〜〜!!と、ほんと衝撃的だったなあ。数十年ぶりに訪れ、また改めて、ここ以外のどこにもない美しい街に感動。


滞在2日目は、ベネチア随一の観光名所、サン・マルコ広場周辺のガイドツアーに参加。母がいるので、歴史や文化など、ちゃんと説明が聞けた方がいいかなーと思って。
b0288550_22490468.jpg

サン・マルコ広場にあるドゥカーレ宮殿。
上の写真は、宮殿に隣接して造られた牢獄へ渡る橋、溜息の橋 (Ponte dei Sospiri) から、運河を隔てた小島に建つ、ベネディクト派の修道院、サン・ジョルジョ・マジョーレ教会⭐︎


滞在3日目は、近郊の島巡りへ。個人的に、この旅一番楽しみにしていたブラーノ島。

メルレットという古くからの細かなレース編みと、カラフルな家々が特徴の島で、ネット上でも、とにかく可愛らしい写真がたくさん見つかる、フォトジェニックな島⭐︎

と言っても、コペンハーゲンのニューハウンのように、ごく一部の集中したエリアの家々だけが色塗られていて、その周りだけ、人がぎょえ〜って集まり、カメラ向けてるんやろなーと思ってたら、大間違い!!

b0288550_18085432.jpg

島全体のお家、全てがカラフルに塗られてて、どこを切り取っても可愛いとこだらけ!
小さな島だから、あちこち撮影しながらでも、1〜2時間もあればぐるっと出来るのだけど、こんな島があるんやなあ〜〜〜
カメラ&可愛いものラバーに、一押し!


そして、この日は20時半から、Vivaldi「四季」の室内楽コンサートを聴きに行ったので、部屋で軽めの晩ごはん。

b0288550_22195890.jpg

dinner 2017.6.29
*ブッラータとグリルトマト:ハーブソルト・EXオリーブ油・チャバタ
*生ハム&マンゴー:ミックスリーフ



現地で食べるべきものの筆頭に挙げてたBurrata
モッツアレラによく似てるのだけど、茶巾状になったモッツアレラ生地の中に、生クリームを詰めたフレッシュチーズで、それはそれは美味らしい。
早速、スーパーのチーズ売り場を物色、あったあった。行ったスーパーでは1種類しか置いておらず、1つ5.5€、中身は3〜400g程なので、そこそこいい値段やなと思う。

市場で買った完熟のミディトマトをオーブンで軽くグリルし、ハーブソルトとEXオリーブ油で味付け。同じく軽く温めたパンに、トマトとブッラータをのっけて食べてみたのだけど、ブッラータ、めちゃくちゃ美味しーい!!!

モッツアレラっちゃ、モッツアレラなのだけど、中身がすごくミルキー&クリーミーで、なんとも言えない贅沢感のある味わい。「トマトはちょっと焼いた方が美味しいんちゃう?」という母の助言も大当たりで、前日に食べた生トマトとの組み合わせよりも、更にいける〜♪ 母娘でめちゃ気に入ったので、もう1回、購入して食べたー。
賞味期間が短く、国外にはあまり出回ってないようなので、イタリアに来たら是非試してもらいたいものの1つ⭐︎

毎晩こんな感じの晩ごはんだったのだけど、「イタリアかぶれで、家でもこんなごはん出したら、お父さん、嫌がるやろな〜」って、母の一言に受けた!笑



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

レシピブログに参加中♪

スパイスブログ認定スパイス大使2017
スパイスブログ認定スパイス大使2017

都会と田舎と世界を行き来する新しいライフスタイル

松本 茅野 諏訪 塩尻で新築・建て替えをご検討の方へ


[PR]

8月16日 火曜日 旅ごはん in Sydney 2 ブルーマウンテンズ国立公園

17日のお昼前、無事、家に到着。
14日間の豪東海岸旅行、あっという間でめちゃ満喫したけど、そろそろ家に帰ってもええなと思える長さ!笑

シドニー2日目は、オプショナルツアーに参加し、世界遺産のブルーマウンテンズ国立公園へ。
天気予報がある程度わかってからツアーの申し込みをしようと、ゴールドコースト滞在中にツアーを物色。余裕こいて2日前に申し込んだら、第一希望の日程は既にいっぱいとの返事で焦った!けど、なんとか次の希望日に申し込めてセーフ。両日とも晴れ予報だったから、まあ、どっちでも良かったっちゃ良かったのだけど。

ということで、当日は、ピーカンに快晴☆

ブルーマウンテンズといえば、まずはこの景色?!
3つの奇岩が並ぶ、スリーシスターズ。
b0288550_20023795.jpg

本当に雄大で、ものすごく眺めが良い☆
他にも、柵もなんにもない断崖絶壁!!キングステーブルランドや、
b0288550_20175639.jpg
トロッコ列車・大型ロープウェイ・空中ケーブルカーの3種の景観を楽しみながらの乗り物(アトラクション)に乗れる、シーニックワールドなど、見どころ満載な国立公園。
b0288550_20255496.jpg
シーニックワールドでのおすすめは、断然、急勾配を走るトロッコ列車のシーニックレイルウェイ☆
楽しすぎて、上りと下りの両方に乗ってしまった〜!どっちもスリル満点で面白いのだけど、個人的には、上りが後向きに急勾配を上っていくので、なんとなくスリリングに感じる。

その後は、野生のカンガルーのいる公園に案内してもらい、カンガルーと一緒に記念撮影。そっと近づくと、逃げたりもせず、なでなでも出来てしまう。
ポケットに赤ちゃんがいるmother kangarooを発見! かわゆす♡
b0288550_20350235.jpg

そして、ツアーの最後は、世界最大級の洞窟群、ジェノランケーブス☆
今年のお正月に、ハノイのハロン湾(これまた世界遺産)でも、鍾乳洞に入ったのだけど、桁違いの大きさ!!
b0288550_23061588.jpg
全部で14種もの鍾乳洞コースがあり、私たちが入ったのは、最も美しいと言われてる?オリエントケーブ。
1枚の写真じゃ、クリスタルなどで出来た内部の美しさや全体像を表すのは、到底難しいのけど、洞窟内を案内してもらうのに1時間半もかかったーと言えば、そのデカさ(広さ)と、内容の濃さが伝わるかなあ〜。

ジェノランケーブスからシドニー市内までは3時間強と、相当な距離が離れてて、この日は、朝の6時半にアパートメントにお迎えで、帰りの到着は夜8時半ごろだったから、所要時間は12時間以上!で、かんなり疲れたけど、すごく大満足なツアーだったー!


ということで、この日の晩ごはんは、滞在先から徒歩1分もかからない場所にあるミートパイの老舗、Harry's Cafe de Wheelsで、名物のtiger(ミートパイに青豆とジャガイモのマッシュをのせたもの)と、フライドポテトをtake away☆
b0288550_18275853.jpg
dinner 2016.8.14
*ミートパイ(tiger)&フライドポテト(チリソース):Harry’s cafe de wheels
*サラダ:ミックスリーフ・ドライトマトオイル漬け



オーストラリアの国民食と言われてるミートパイ。
せっかくだから、部屋で作ってみようかなーと、スーパーでパイシートなどを物色したのだけど、一番少なくても6枚入りのものしか見つけられず、材料がかなり無駄になるなと思い、あっさり却下。
そやけど、シドニーでミートパイといえばここ、という有名店が、滞在先のすぐそばにあってラッキー♪

ハリーズのミートパイ、中にはデカいビーフの塊がゴロッと入ってるし、グリーピース&じゃがいもマッシュとシチューの組み合わせがこれまた絶妙!味も色合いもgood☆
私たちが買いに行ったのが、21時前だったけど、しょっちゅうお客さんがやって来てオーダーしてるから、やっぱり相当な人気店のよう。


そして翌日、旅の最後の晩ごはんは、ちゃのリクエストにより、またまたオージービーフステーキ☆
b0288550_18282472.jpg
dinner 2016.8.15
*オージービーフステーキ:肩ロース・粗塩・胡椒・EXオリーブ油・醤油
*蒸しブロッコリー&人参
*サラダ:ミックスリーフ・ドライトマトオイル漬け・カルパッチョシーズニング
*ペッパーサラミ・オーストラリアンフェタチーズ・アボカドディップ・フムス
*ハードブレッド



冷蔵庫総ざらえメニューだったので、買ったのはお肉だけだったのだけど、夫がでっかくて美味しそうなのを2枚チョイスして、焼いてくれたー。
オージー牛、和牛とはまた全然違って、味も食感も食べ応えも、”the にく”感を楽しめるので、これからは日本でも、積極的に買ってみたいな〜と思うー。



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。


都会と田舎と世界を行き来する新しいライフスタイル

松本 茅野 諏訪 塩尻で新築・建て替えをご検討の方へ


[PR]

8月15日 月曜日 旅ごはん in Sydney オペラハウス&ハーバーブリッジ

旅の最後はSydney☆

ブリスベン空港でちゃと合流し、土曜日からは、最終滞在先のシドニー。
ちゃからは、語学学校&ホームステイが楽しすぎ、「短すぎ!!!」というクレームあり。ケンブリッジ大の入学準備コースに入れてもらえたらしく、クラスではyoungestで、いろんな人に可愛がってもらい、語学学校があんな楽しいとは思わんかったーと。
どこでも楽しく過ごせる娘で、母は嬉しい。
b0288550_07252708.jpg
dinner 2016.8.13
*カンガルーミートボールのトマト煮込み:カンガルーミートボール・ブロッコリー・人参・マッシュルーム・トマト缶・EXオリーブ油・茅乃舎だし
*白ごはん
*サラダ:ミックスリーフ・ドライトマトオイル漬け・カルパッチョシーズニング・米酢
*オードブル:ペッパーサラミ・オーストラリアンフェタチーズ・トマト



夕飯はずーっと食べてみたかったカンガルー肉を買ってみた!
癖があるかも?と思い、ステーキ肉とかじゃなく、ミートボールになったものを、トマト煮込みにすることに。
味は癖もなく、普通においしい〜けど、食感が鶏胸のように、ちょっとパサッとなっちゃったので、あまり煮込む感じのお肉じゃないのかも。
あとは、お初で炊飯!何十回と海外炊事してるけど、ご飯炊いたのは初めて〜〜。意外にうまく炊けるものだわ。


昨日、月曜日は市内をうろうろしたり、コアラパークに行ったり、またまた盛りだくさんに過ごす。

シドニーハーバーの水がものすごく綺麗でびっくり!
宿泊先の傍のWoolloomooloo Bayの水も、水際にペントハウスが建ってたり、沢山のクルーザーも停泊してるのに、ここは安曇野?という位の透明度で、素晴らしい☆
b0288550_07320200.jpg

オーストラリアは、学生時代にケアンズに1週間程滞在し、その後、シドニーに2泊程したことがあるだけで、実に25年位ぶりなのだけど、今回訪れた都市、どこも美しくて、絵になるところばかりで、すっかり気に入ってしまったー。




最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。


都会と田舎と世界を行き来する新しいライフスタイル

松本 茅野 諏訪 塩尻で新築・建て替えをご検討の方へ


[PR]

8月13日 土曜日 旅ごはん in Gold Coast 2 絶景Surfers Paradaise

ゴールドコースト最終日の金曜日は、冷蔵庫総ざらえメニューで、夕方早めからのバルコニーごはん☆

シーフードも、白ワインじゃなく、飲みかけの赤を入れて蒸し煮にしたので、色がどす黒くなっちゃったけどー。味は悪くなし!

b0288550_20365957.jpg
dinner 2016.8.12
*シーフードのワイン蒸し:エビ・イカ・ムール貝・鮭・白身魚・紫玉ねぎ・EXオリーブ油・イタリアンパセリ・カルパッチョシーズニング・赤ワイン
*2種のトマトとスモークターキーのフェットチーネ:トマト・ドライトマトオイル漬け・醤油・EXオリーブ油・ハーブソルト・胡椒
*サラダ:ミックスリーフ・レタス・アンチョビシーズニング・米酢
*レンズ豆と人参のカレーサラダ:茅乃舎だし・カレー粉・醤油・EXオリーブ油・アンチョビシーズニング



今回も、昨夏の米西海岸旅行と同じく、旅程の2/3はちゃと別行動。
ブリスベン空港に着いてすぐにバイバイし、ちゃはホームステイしながら語学学校へ。たいていの学校のサマープログラムは、午前中が授業で、午後からアクティビティーというのが一般的なのだけど、正直、のんびり旅行なんてしてる時期じゃないから、ちょっとでも長く勉強時間をとれるよう、午後からもみっちり授業してくれる学校を探し出し、申し込み。

3日ほど前に、一度電話で話したけど、良いホストファミリーに恵まれて、すごく楽しい♪と言ってたので、何より。

明日は8日ぶりにちゃと合流。どんな話が聞けるのか、これまた楽しみだわ。


こちら↓は、メインビーチからの絶景!Surfers Paradise☆

b0288550_07083958.jpg
夫がrunで見つけてくれた絶景スポット!

地球の歩き方にも載ってないけど、ここは本当に気持ちが良い〜〜〜!

レンタカー返しちゃったので、バスでシーワールドまで行って、そこから海岸を往復8キロ歩かんといけんけど、この景色が観れるのなら、頑張れる☆



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。


都会と田舎と世界を行き来する新しいライフスタイル

松本 茅野 諏訪 塩尻で新築・建て替えをご検討の方へ


[PR]

8月12日 金曜日 旅ごはん in Gold Coast

ブリスベンから電車とバスを乗り継いで1時間半、月曜日からの滞在先はGold Coast☆

アンガスビーフは食べたので、昨夜はラムチョップをステーキに。
赤ワインで蒸し焼きにしたので、香りも良く、美味しい〜♡ 独特なラムの味、好きなんだよなー。
b0288550_00451696.jpg
dinner 2016.8.11
*ラムステーキ:ラムチョップ・いんげん豆・人参・EXオリーブ油・塩・胡椒・赤ワイン・醤油
*カリフラワーとプロシュートのサラダ:紫玉ねぎ・米酢・EXオリーブ油・カルパッチョシーズニング
*サラダ:ボイルビーツ・ドライトマトのオイル漬け・レタス・ミックスリーフ
*ミックスグレインロール



ここに来てからのお気に入りが、水煮のビーツ×ドライトマトのオイル漬けの組み合わせ。サラダにトッピングしてるのだけど、この2つが良く合う! 最近は近所のスーパーでも、よくビーツを見かけるので、これは日本に帰ってからもやろうと思って。


ゴールドコーストでは、レンタカーを借りて、あちこち観光。
ゴールドコーストといえば海だけど、すぐ傍に、世界遺産の山もあって、見どころ満載♪ テーマパークもたくさんあるけど、そちらはあんまり興味ないのでパス。
b0288550_08564074.jpg
冬だけど、日中は20度以上あるので、普通に泳いでる人がいっぱい!


こちら↓は、月曜日の晩ごはんで、ダブルチーズバーガーのオージー風♪
b0288550_07110813.jpg
dinner 2016.8.8
*ダブルバーガーオージー風:牛パテ・ビーツ・スライスチェダー・五穀バンズ・EXオリーブ油・ハーブソルト・タバスコ
*カリフラワーのカレーマリネ:カレー粉・EXオリーブ油・ハーブソルト・米酢
*sweet berry truss tomato・胡瓜のピクルス(瓶詰め)
*サラダ:レタス・ミックスリーフ・ドライトマトオイル漬け



ビーフパテを買ってきて、部屋で焼いただけなのだけどー。
オージースタイルは、ビーツを挟むのだそうで、水煮のビーツも一緒に購入。ビーツとビーフ合う!!


こっち↓は、水曜日の晩ごはん。
b0288550_01030806.jpg
dinner 2016.8.10
*サラダ:レタス・ミックスリーフ・ビーツ・ドライトマトのオイル漬け
*レンズ豆とプロシュートのサラダ:紫玉ねぎ・ハーブソルト・米酢
*トマト、胡瓜ピクルス、アボカドディップ、カリフラワー、プロシュート



この日は、バイロンベイとナチュラルブリッジに1日お出かけしてたので、買い物しないで、冷蔵庫に残ってるもので簡単に済ませたー。〆は、持参した辛ラーメン♡春にソウルで買ったやつ。



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。


都会と田舎と世界を行き来する新しいライフスタイル

松本 茅野 諏訪 塩尻で新築・建て替えをご検討の方へ


[PR]

8月8日 月曜日 旅ごはん in Brisbane 3 ブリスベンマラソン

昨日はブリスベンマラソン。
無事に?3時間台でゴールした夫、疲労回復には肉だそうで、夕方の明るい時間帯からの晩ごはんは、本人自ら焼き奉行となり、オージービーフステーキ☆ 
思ってた以上に柔らかく、お肉の味がしっかりしていて、美味しーい♪

b0288550_02085845.jpg
dinner 2016.8.7
*ビーフステーキ:サーロイン・パプリカ・マッシュルーム・ブロッコリー・ハーブソルト・胡椒・EXオリーブ油
*レンズ豆とツナとオリーブのサラダ:ギリシャ風オリーブ塩漬け・ツナ缶・ハーブソルト
*黒オリーブ入りリュスティック
*サラダ:ミックスリーフ



海外のマラソン大会、アメリカでは、LAやマイアミなど5〜6都市の大会に出てるけど、それ以外の国ではお初。
旅行にイマイチ乗り気でなさげな夫の興味を引くよう、マラソン大会を探し出し、今回はブリスベンを最初の目的地に設定したというわけ。
ブリスベンマラソンは、数万人が参加してお祭り騒ぎのような大会じゃなく、大会の規模的にも、彼好みの適度に走りやすい大会で、お気に召した様子でやれやれ。
ちなみにその間、私はお部屋でのんびり。どんな大会でも、ゴールの瞬間をカメラにおさめるとか、そういうことは一切無し!笑


ちなみにー。

朝6時スタートで、スタート地点から3kmほどにある滞在先の部屋の窓から7時ごろに撮影した映像↓。

b0288550_21370486.jpg
スタートから1時間経ってるけど、まだまだ人が走ってる〜〜。この人たちがゴールするのは、何時ごろなのかしらん。。


42.195キロを走り終え、部屋でシャワーを浴びた夫と、アパートメントから4キロ弱離れた、ローコストで品揃え豊富な酒屋へ、徒歩で買い出しに。ワイン3本、ビア4本(全て瓶)を買って、総重量はかなりだと思うのだけど、当然のように?夫が荷物持ち。帰り道は、途中から一応、フェリー利用したけどー。お疲れ度合いはハンパないようで。。
この日は夜7時半に寝て、翌朝6時半起床(夫が)。11時間たっぷり、寝れたそう!笑
b0288550_21373588.jpg
ライトアップされたストーリーブリッジも綺麗だったけど、昼間の顔も良い♪
酒屋の買い出しの帰りに乗ったフェリーから撮った1枚☆



最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。


都会と田舎と世界を行き来する新しいライフスタイル

松本 茅野 諏訪 塩尻で新築・建て替えをご検討の方へ


[PR]
▲このページの上へ