おべんと綴り

6月30日 土曜日 サンドライトマトのアーリオオーリオ

ある日のお昼ごはん。
朝、FBのタイムラインを読んでたら、ほぼ日の編集長の武井さん(一応、FBでお友達)が、「オイル系のパスタが俄然美味しくできるわざ」みたいなことを書いていて、読んでたらすぐに実践してみたくなりー。
早速、その日のお昼に作ってみた次第!
b0288550_11591130.jpg
サンドライトマトのアーリオオーリオペペロンチーノ⭐︎
(1人前)

◎材料
・スパゲティ(今回はリングイネ使用):100g
・サンドライトマトのオイル漬け:大さじ1
・グリーンオリーブ:4粒(なくても可、お好みで)
・EXオリーブ油:大さじ1
・大蒜:1/2片(包丁で叩いて潰す)
・バジル:10枚くらい
・塩:適量
・あらびきチリペパー:適量

◎作り方
1、パスタを塩を加えた熱湯で茹で始める。
2、フライパンに大蒜とオリーブ油を入れて弱火にかけ、大蒜の良い香りがしてきたらドライトマトのオイル漬けを加えて馴染ませる。(パスタが茹であがらないようなら、一旦火を止めておく)。
3、アルデンテに茹で上がる2分前にパスタを取り出し、2のフライパンに入れて強火にし、小さいお玉3杯分の茹で汁を加えて、フライパンを揺すりながら茹で汁を乳化させ、茹で汁がなくなるまで強火で煮詰めるようにパスタと具を和える。
4、汁気がほぼなくなったら味見して、薄いようなら塩で整え、器に盛り、グリーンオリーブ、バジルをちぎりながら散らし、仕上げにあらびきチリペパーを振る。



一昨年、シドニーで買ってきたドライトマトのオイル漬けを、棚の奥底から発掘し!、賞味期限もまだ半年以上大丈夫で、このまま食べないとまた放置して忘れそう〜ということで開封。このオイル漬けは、結構塩が効いてるんで、パスタを茹でる際に加えた塩以外は必要なかったのだけど、使うオイル漬けによって、多少、味の調整が必要かも。

武井さんのおっしゃるに、要は、フライパンを最強火にしてパスタを仕上げるというのがコツらしく、そのためには、パスタをアルデンテの2分前にあげ、かつ、たっぷりの茹で汁をフライパンに注いで乳化させれば、最強火で仕上げていくのにちょうど良いとのこと。

確かに私はいつも、アルデンテの1分前にあげて、弱火でソースとパスタを馴染ませて終了という感じだったので、上記のやり方でやってみると、ほんとに〜〜〜〜プロの味になる!!!
クリームソースやトマトソースだと、またやり方が違いそうな気がするけど、オイル系パスタは、これから絶対この方式!いいこと教えてもらったー!!


こちら↓は、水曜日の晩ごはん。
b0288550_11503534.jpg
dinner 2018.6.27
*麻婆豆腐:豚ひき肉・絹こし豆腐・生姜・大蒜・青ねぎ・ピーシェン豆板醤・酒・醤油・てんさい糖・レッドペパー・花椒塩・片栗粉・ごま油
*ニラ&ねぎチヂミ:人参・卵・地粉・シャンタンDX・塩麹・胡椒・醤油・ココナッツオイル・ごま油
*サラダ:水菜・大根・キャベツ・すりごま
*スライスオニオン&トマト:バジル・EXオリーブ油・アジアンミックスソルト
*白ごはん




最後まで見て下さってありがとうございます。
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
スタミナ料理レシピ
スタミナ料理レシピ スパイスレシピ検索
by amick | 2018-06-30 13:13 | 晩ごはん | Comments(0)
<< 7月1日 日曜日 蛸とトマトと... 6月28日 木曜日 豚と大根の... >>
▲このページの上へ