おべんと綴り

2013年 11月 11日 ( 1 )

11月11日 月曜日 生姜スープとデパ地下総菜弁と、鶏胸のしゃぶしゃぶ(土曜日の晩ごはん)

本日は、ちゃは学校お休みで、習い事&ジムに持参したmy弁☆

昨日は久々、2ヶ月ぶり位?上京してたので、デパ地下で買って来たパン&お惣菜と、保存食を詰めただけの超手抜き弁〜 
やっとこ、美容院行けて、さっぱりしたー♪
b0288550_18172228.jpg
11月11日 月曜日

・さぼてんの唐揚げ
・大学芋(紅はるか・パープルスイートロード)
・ピクルス(ビーツ・玉ねぎ・カリフラワー・人参)
・色々野菜の生姜スープ(人参・ブロッコリー・コーン・大根・新生姜)
・le petit mecの枝豆パンとチーズパン(確か)



昨夜は、留守番の夫がスーパーで調達してくれたお造り色々と、私が買って帰ったバゲットでパン祭りだったけど、疲れて撮影なし。

こちらは土曜日の晩ごはん、鶏キムチ鍋。
鶏のももと胸を、違う調理法にしてみたら、これがヒット☆

今さら?かもだけどー
「鶏胸は、しゃぶしゃぶ方式で食うべし」
b0288550_18593255.jpg
dinner 2013.11.9
*鶏キムチ鍋
具:鶏もも&胸塩麹漬け・フリルレタス・もやし・白菜・えのき・人参・大根・玉ねぎ・白いんげん・豆腐・白滝・白菜キムチ
スープ:いりこ&昆布出汁・味噌・ピーシェン豆板醤・酒・大蒜
〆に半田そうめん



鶏もも&胸の、両使い鍋

1、鶏は塩麹漬けに。もも肉は1枚のまま、胸肉は薄めに削ぎ切りしてから、それぞれ塩麹を絡めて半日ほど漬ける。
2、お鍋に油と大蒜を入れて、弱火で加熱し香りを出したら、もも肉の皮目から入れて焼き色をつけ、裏も軽く焼いて取り出し、一口大に切る。
3、鶏を焼いた鍋に、お出汁(または水)を注ぐ。焦げた部分などを剥がしつつ、一口大に切った鶏ももを戻して、蓋をして煮る。
4、スープをお好みの味付けにする。(昨日は味噌とピーシェン豆板醤と酒とキムチを入れて、味噌仕立てのキムチ鍋)
5、鶏胸肉の方は、しゃぶしゃぶの要領で食べると、つるんと柔らかい状態で食べれて美味しい。



鶏胸肉はお得感ありありの食材なのに、なんでこの方法を今まで気付かなかったんだろーという感じ。
薄く削ぎ切りして、塩麹につけておくだけで、とぅるんと食べれて、かなりぐー♡

鶏鶏じゃなくて、豚バラと鶏胸とかの組み合わせとかも、美味しそうだな〜。



最後まで見て下さってありがとうございます。 
↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。 
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。 
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

▲このページの上へ