人気ブログランキング |

おべんと綴り

<   2019年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

10月17日 木曜日 きくらげとトマトの卵炒め

先日のおうち弁当⭐︎

今期3度目、夫がまたまたいくら(筋子)を買ってきた(しかも3パック!)ので、前回2度は塩漬けにしたので、今回は醤油漬けに。

久しぶりにおにぎらずにしてみたのだけど、いくらを挟んでから半分に切るのは、せっかくのいくらちゃんが潰れちゃって大失敗だったー。。
b0288550_14213786.jpg
10月14日 月曜日

・自家製いくら醤油漬けの酢飯おにぎらず
・きくらげとトマトの卵炒め
・黒酢きんぴら
・ちくわ



きくらげとトマトの卵炒め⭐︎
(2人前)

◎材料
・トマト:大1個(10〜12等分のくし切り)
・きくらげ:60g(戻した状態で。食べやすい大きさに切る)
・卵:2個(ボールに入れて溶きほぐす)
・大蒜:1片(スライス)
・鷹の爪(お好みで):1本
・太白ごま油:大さじ1
・ヌックマム:小さじ1
・胡椒:多めがオススメ
・バジル:20枚(飾りに少し取っておく)

◎作り方
1、ル・クルーゼなどの厚手の鍋に油と大蒜、お好みで鷹の爪を入れて弱火にかけ、大蒜の良い香りがしてきたら、きくらげを入れて炒める。トマトを加えて軽く塩胡椒し(分量外)、ざっと炒め合わせたら、蓋をして弱火でトマトが少しくったりなるまで蒸し炒めにする。
2、ヌックマムと胡椒で味付けし、溶き卵を回し入れ、バジルをちぎりながら加えて、好みの卵の硬さまで火を通す(蓋をして蒸らしで加熱しても)。
3、器に盛り、飾り用のバジルをのせて出来上がり。
b0288550_11190093.jpg
中華風の炒めものは、醤油ではなくヌックマムで味付け。トマトの酸味やバジルとも相性良く美味しい〜♪
卵はちょっとだけ加熱し、蓋をして蒸らし仕上げなので、ふんわ〜りかなり柔らかめ。私はこのくらいが好み。
b0288550_11214904.jpg
モニターに選んで頂き、どうもありがとうございました。

この日のその他はこんな感じ↓。
b0288550_11055605.jpg
dinner 2019.10.13
*きくらげとトマトの卵炒め:きくらげ・トマト・卵・バジル・大蒜・太白ごま油・ニョクマム・胡椒・鷹の爪
*いくらちらし:焼き海苔・自家製いくら塩漬け・酢飯・青しそ
*豚と野菜のスープ:白菜・人参・玉ねぎ・豚こま・ポークコンソメキューブ・あごだし醤油・胡椒
*サラダ:サニーレタス・キャベツ・茗荷・すりごま



こちら↓は、1週間ほど前の晩ごはん。
b0288550_16152622.jpg
dinner 2019.10.11
*豚の白湯鍋:白菜・大根・白滝・しし唐・モロッコいんげん・茗荷・えのき・豚ももしゃぶしゃぶ・シャンタンDX・プチっと鍋(白湯味)・胡椒
〆に卵雑炊
*レンズ豆のサラダ
*白菜キムチ
*落花生の塩茹で



白菜1玉買ったので、久しぶりにお鍋。〆はごはんを加えて、卵雑炊。



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
魚醤で旨みたっぷり料理レシピ
魚醤で旨みたっぷり料理レシピ

10月15日 火曜日 黒酢きんぴら

先日のおうち弁当⭐︎
またまた、前夜、夫がアウトドアグリルで焼いたローストビーフ、お弁当用にスライド♪
b0288550_15495686.jpg
10月11日 金曜日

・ローストビーフ丼
・黒酢きんぴら
・枝豆(冷凍)
・生ハム入りグリーンオリーブ



黒酢きんぴら⭐︎
(2〜3人前)

◎材料
・豚こま:150g
・牛蒡:3本(細いもので)
・人参:1/2本
・蒟蒻:1枚
・大蒜:1片(スライス)
・太白ごま油:大さじ1
・豆板醤:大さじ1/2
・酒:大さじ1
・辣油:少々
・唐辛子(お好みで):少々

調味料
・黒酢:大さじ1.5
・オイスターソース:大さじ1
・醤油:大さじ1
・胡椒:多めが美味しい

◎作り方
1、人参は縦に3等分してから、それぞれを5mm幅程の斜め切りにする(or 拍子切りなどお好みの形でも)。牛蒡は皮をたわしで洗い、5mm幅の斜め切りにする。蒟蒻は厚みと長さを半分にして、5mm幅にスライスする。
2、ル・クルーゼなどの厚手の鍋に大蒜と油を入れて弱火にかけ、大蒜の良い香りがしてきたら、豚肉を入れて炒める。肉の色が変わったら、蒟蒻と豆板醤を追加し、更に炒め合わせる。油が回ったら、牛蒡と人参を加えてざっと炒め、酒を加えて、蓋をして4〜5分弱火で蒸し炒めにする。
3、野菜がしんなりしたら、調味料の材料を加え、汁気を飛ばすように炒め合わせる。
4、器に盛り、辣油を数滴垂らし、好みで唐辛子を散らす。
b0288550_16370491.jpg
お気に入りのオイスターソース×黒酢×醤油のきんぴら。仕上げに辣油を垂らすと、更にコクが出て良い感じ♪

この日のその他はこんな感じ↓。
b0288550_15393969.jpg
dinner 2019.10.10
*黒酢きんぴら:豚切り落とし・大蒜・太白ごま油・人参・牛蒡・蒟蒻・ピーシェン豆板醤・黒酢・オイスターソース・だし醤油・バリ粗唐辛子・辣油
*ローストビーフ&焼き帆立:オージービーフ・ヒマラヤ岩塩・胡椒・
*サラダ:サニーレタス・キャベツ・茗荷・すりごま
*サパンジのバゲット、落花生の塩茹で、レンズ豆のサラダ



こちら↓は、その前日の晩ごはん。
b0288550_14274057.jpg
dinner 2019.10.9
*ほっけの干物グリル
*落花生の塩茹で
*トマトと若布の納豆キムチ和え:すりごま・ラー油・納豆・白菜キムチ
*レンズ豆のサラダ
*サラダ:サニーレタス・茗荷・キャベツ
*自家製いくら塩漬け
*七分づき新米



夕方の値引き?で、おっきいホッケの干物が2匹で300円だったからと、夫が買ってきて、例のアウトドアグリルで焼いてくれたー。



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

10月13日 日曜日 冷凍ごはんを美味しく食べる

数日前のおうち弁当⭐︎
b0288550_14420264.jpg
10月9日 火曜日

・もやし炒め
・レンズ豆のサラダ
・蓮根の明太子和え
・落花生の塩茹で
・母の梅干&七分づきごはん



常備菜が2〜3品溜まったらお弁当に詰め、家で食べるおうち弁当が気に入り、週に2回は作っているかなあ〜。
その時に詰めるごはんは、冷凍ストックのものを使うことが多くて、炊きたてすぐをラップに包んで、即冷凍の引き出しに入れて凍らせているもの。お茶碗山盛りだったり、少なめだったり、違う分量のものをストックしておくと、その時々のお腹の減り具合によって選べて便利。

で、解凍の際はレンジでチンして取り出したら、いつもはすぐにラップを広げて、ちょっと冷ますようにしてから、弁当箱に詰めていたのだけど、この日はごはんとおかずを別容器に詰めたこともあり、先におかずを詰めて、ごはんはラップに包んだまま放置していて、最後にごはんを詰めて撮影し、食べてみたら、ホワッと炊きたてに近いごはんの状態で美味しいでないの!!

いつもは、冷ます際に水分も一緒に飛んじゃって、気持ち乾燥した食感になってしまい、しょうがないのかな〜と思っていたのだけど、ラップに包んだまま、少し蒸らす状態にしておくと良いのかも?と、新たな発見!
これって単に私が今まで知らなかっただけ?!常識だったりするのかなあ。。

そんでもって、これは別にお弁当の時に限ったことでないから、冷凍ごはんを食べる際は、食べる直前に温めるよりも、少し前にごはんを温めておいて、最後の最後までラップに包んだままで置いておく方が、より美味しく食べれるんじゃないかと推測。
ちょっとこれから、一人ごはんの時などに試してみなきゃ〜。


こちら↓は、先週初めの晩ごはんで、スパイスいっぱい使ったハヤシライス。
b0288550_12185399.jpg
dinner 2019.10.7
*水茄子のキムチ和え:すりごま・ごま油・白菜キムチ・青しそ
*レンズ豆のサラダ:豚切り落とし・玉ねぎ・フレンチスタイルレンズ豆・人参・大蒜・粒マスタード・EXオリーブ油・ワインビネガー・塩麹・胡椒
*落花生の塩茹で
*サラダ:サニーレタス・茗荷・糸寒天
*ハヤシライス:豚切り落とし・大蒜・EXオリーブ油・玉ねぎ・人参・しめじ・モロッコいんげん・赤ワイン・ハヤシライスルー・スパイス10種以上・中濃ソース・トマトペースト・ローリエ



で、その翌日は、カレーの時の翌日と同様、我が家の定番のドリア。
ソースとごはんを混ぜてしまって、チーズを散らして焼くだけ。この日はドリアの中に、角切りにしたお餅も忍ばせてみた。
b0288550_11573047.jpg
dinner 2019.10.8
*もやし炒め:豚こま・大蒜・太白ごま油・しし唐・モロッコいんげん・ごぼう・人参・ニラ・もやし・ピーシェン豆板醤・シャンタンDX・酒・胡椒
*蓮根の明太子和え:アボカドオイル・ふくやの辛子明太子・穂紫蘇
*落花生の塩茹で
*サラダ:サニーレタス・茗荷・すりごま
*餅入りハヤシドリア:前日のハヤシライス・白餅・シュレッドチーズ・水切りヨーグルト・カレーソルト・トムヤムペースト・バジル



カレーだけでなく、ハヤシドリアも美味しい!



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

10月11日 金曜日 砂肝の串焼き

週末のBBQはこんな感じ↓。
開始時間が16時〜だったので、すぐに暗くなっちゃったのだけど、しばし、友人宅のお庭で外ごはんを満喫⭐︎
b0288550_13425975.jpg

BBQ 2019.10.6
*ニジマスの塩焼き
*砂肝の串焼き
*ラムチョップグリル
*ローストビーフ
*スティック胡瓜(友人作)
*トッポギ(友人作)
*ピータン豆腐
*クミンキャベツ
*レンズ豆のサラダ
*干し海老&干し貝柱の炊き込みごはんおむすび
*バゲット&焼きカマンベールチーズ


夫のアウトドアグリルが大活躍!というか、これを使いたいからBBQ開催となったという方が正しい。笑
まずは、ニジマスの塩焼きに始まり、お次は我が家でお気に入り、砂肝の串焼き。

砂肝の串焼き⭐︎
(4人前)

◎材料
・砂肝:200g
・竹串:4本
・GABANグリルマスターブレンド:適量

◎作り方
1、砂肝は一つを3〜4等分し、順に串に刺す。
2、グリルマスターブレンドをしっかり目に振りかけ、何度かひっくり返しながら、グリルで焼く。
b0288550_15275792.jpg
アウトドアのそとごはんには特に、1本で味が決まるGABANグリルマスターブレンドが、とっても便利で美味しい〜〜!これは重宝しそう。

そしてその後は、鶏むね肉のホイル焼き、ローストビーフ風オージービーフステーキ、そして、BBQ最後は、友人が用意してくれた高級ラムチョップ♡
これがめちゃくちゃ美味しいラム肉だったー!(なのに、暗すぎで写真がぶれぶれなのが悲しい。。)
b0288550_15530553.jpg
日が暮れてからは、家の中に場所を移して、宴会の続き!笑 
友人Mちゃんが、牛タン塩焼きに小海老のアヒージョ、焼きそばなど更に追加で色々と振舞ってくれて、たらふく飲んで食べ、大いに喋って大満喫⭐︎

超気の合う仲良しファミリーが、徒歩数十秒のすぐそばに住んでいるなんて、こんなありがたいことはないね〜〜


こちら↓は、1週間ほど前の晩ごはん、久しぶりに生姜焼きを作成。
b0288550_12325480.jpg
dinner 2019.10.5
*水茄子とトマトの納豆和え:鰹節・青しそ・あごだし醤油・すりごま
*生姜焼き:豚切り落とし・玉ねぎ・人参・大蒜・太白ごま油・生姜・宗田節醤油・てんさい糖・ピーシェン豆板醤・酒・トマトケチャップ・胡椒
*サラダ:ルッコラ・キャベツ・茗荷
*梅バジル明太スパゲティ:ふくやの辛子明太子・茅乃舎だし・梅干・EXオリーブ油・アボカドオイル・バジル


dancyuレシピで、醤油・砂糖・すりおろし生姜・豆板醤・日本酒を混ぜた生姜焼きのたれを豚に絡ませ、仕上げにトマトケチャップを入れると、よりコクが出て濃厚甘辛になって美味しいと載っていたので、やってみたら本当に旨い〜〜!!
今度から生姜焼きにはトマトケチャップ入れることにする!



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

10月9日 水曜日 レンズ豆のサラダ

週末あった松本マラソン。エントリーしてた夫と友人の完走後、友人宅でBBQ⭐︎

RUN後の栄養補給にたっぷりタンパク質を摂りたいそうで、メインの肉などは夫たちが自身で用意するとのことで、女性陣はその他のおつまみを担当。私はおにぎりと肉類以外のタンパク質メニューを持参してみた。
b0288550_12500573.jpg
10月6日 日曜日

・干し海老&干し貝柱の炊き込みごはんむすび(ひじき・椎茸・しめじ)
・生ハム入りグリーンオリーブ
・レンズ豆のサラダ
・ピータン豆腐(絹こし豆腐・トマト・青唐辛子の醤油漬け・酢醤油だれ)
・クミンキャベツ



レンズ豆のサラダ⭐︎
(常備菜として作りやすい量、5〜6人前)

◎材料
・レンズ豆(手に入ればフレンチスタイルのピュイタイプが美味しい):150g
・人参:1/3本(7mm角に切る)
・玉ねぎ:1/3個(7mm角に切る)
・豚こま:100g(粗く刻む)
・大蒜:1片(粗みじん切り)
・EXオリーブ油:大さじ1
・塩、胡椒:少々

調味料
・EXオリーブ油:大さじ2
・赤ワインビネガー:大さじ1.5
・つぶ入りマスタード:大さじ1.5
・塩麹:小さじ1
・胡椒:少々

◎作り方
1、レンズ豆は一旦茹でこぼし、さっと洗って鍋に入れ、たっぷりの水で20分ほど茹でる。沸騰して10分ほどしたら、人参と玉ねぎも加えて一緒に茹で、ざるに上げる。
2、ル・クルーゼなどの厚手の鍋に大蒜とEXオリーブ油を入れて弱火にかけ、大蒜の良い香りがしてきたら、豚肉を入れて軽く塩胡椒して炒め、肉の色が変わったら火を止める。
3、1のレンズ豆と野菜を2の鍋に移し、調味料の材料を加えて混ぜ合わせる。
b0288550_12583014.jpg
つぶ入りマスタードの酸味とレンズ豆が良く合う、おしゃれな1品。3〜4日は日持ちするので、常備菜として多めに作っておくのもおすすめ♡
BBQの様子は近いうちに別記事で!
b0288550_12560150.jpg
モニターに選んでいただき、ありがとうございました。

こちら↓は、1週間ほど前の晩ごはん。
b0288550_15213459.jpg
dinner 2019.10.3
*落花生の塩茹で、くし切りトマト、ちくわ&チーズ、らっきょう漬け、白菜キムチ
*サラダ:ルッコラ・ミックスリーフ・茗荷・すりごま
*グリーンカレー:豚切り落とし・玉ねぎ・人参・モロッコいんげん・しし唐・バジル・グリーンカレーペースト・ココナッツミルクパウダー
*さんま塩焼き
b0288550_15252538.jpg
久しぶりにタイカレー♪と、夫のアウトドアグリルで秋刀魚の塩焼き。
今年の秋刀魚は大不漁だそうで、本当に細くて小さい・・。見ての通り、焼くのに難儀したらしい(笑)けど、美味しかった!



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

10月7日 月曜日 トマト&オードブルチーズローフ

週末の一人ランチに、ロコモコ風なワンプレート⭐︎
b0288550_17191664.jpg
10月5日 土曜日

・トマト&オードブルチーズローフ
・目玉焼き
・アボカド塩麹漬け
・七分づきごはん



トマト&オードブルチーズローフ⭐︎
(2人前)

◎材料
・オードブルチーズローフ:1個
・トマト:1個
・じゃがいも:2個
・牛乳:大さじ1
・胡椒:少々
・バジル:適量

◎作り方
1、じゃがいもは皮を剥いて一口大に切り、耐熱用に入れて軽く塩(分量外)を振り、水少々を加えて、ラップをして600wの電子レンジで3〜4分加熱する。取り出して、フォークなどで粗く潰し、牛乳を加えて少ししっとりさせる。
2、トマトは縦半分に切り、半分は薄いくし切りにし、もう半分は小さめの角切りにする。オードブルチーズローフは1cm幅に切る。
3、耐熱皿にオードブルチーズローフとくし切りトマトを交互に並べ、周りに1のじゃがいもを散らしてラップをし、600wの電子レンジで3分加熱する。
4、角切りしたトマトとバジルを散らし、胡椒を振って出来上がり。
b0288550_10115909.jpg
オードブルチーズローフの旨味で、味付けはお好みで胡椒のみ!チーズローフが濃厚なので、トマトとじゃがいもを添えて食べると美味しい〜。
ランチではフレッシュトマトだけだったけど、晩ごはんには加熱したトマトと、フレッシュで散らすものと2通りで。加熱トマトがジューシーでチーズローフによく合う!

この日のその他はこんな感じ↓。
b0288550_10080825.jpg
dinner 2019.10.4
*アボカド塩麹漬け、白菜キムチ、落花生の塩茹で
*トマト&オードブルチーズローフ:じゃがいも・牛乳・バジル
*根菜のお味噌汁:ごぼう・人参・玉ねぎ・松山あげ・青しそ・茅乃舎だし
*サラダ:キャベツ・茗荷・わかめ・すりごま
*七分づきごはん



こちら↓は、その前々日のごはん。
自家製いくら塩漬けと焼き海苔散らした、いくら丼。
b0288550_14002214.jpg
dinner 2019.10.2
*水茄子の豚巻き:豚ロース・水茄子・キャベツ・胡椒・アルペンザルツ・酒・青しそ・一味
*いくらごはん:自家製いくら塩漬け・焼き海苔・わさび・醤油
*落花生の塩茹で
*ちくわのブルーチーズ焼き:バジル・しめじ・胡椒
*サラダ:茗荷・わかめ・もやし・人参・すりごま



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
ミートローフのアレンジ料理レシピ
ミートローフのアレンジ料理レシピ

10月5日 土曜日 SHÓKUDŌ YArn と 白川郷

先月9月、無事に?結婚20周年を迎えたこともあり、記念のお祝いと称して、東洋経済のコラムや日経新聞日曜版にも掲載され、2年前から気になっていた石川県小松市にあるレストラン ”SHÓKUDŌ YArn” を、思い切って訪れることに。
b0288550_09531993.jpg
北陸だし、東京よりは近いかと思いきや、寄り道しながらだけど、山を二つ超えて車で片道5時間以上!上京するより倍の時間がかかって、やっぱり田舎から田舎へはアクセスが大変だったー。
とはいえ、途中の白川郷や、白山白川郷ホワイトロードの景色に癒され、長距離ドライブも苦にならず。

こちら↓は、白川郷全体が見渡せる天守閣展望台から。
ちょうど展望台の崖に沿って、コスモスが咲き乱れていたので、それを入れて撮ったら、秋らんまんの風景が撮れて満足♪
b0288550_09550442.jpg
そういえば、以前、白川郷に家族で訪れ、宿泊したのはいつだったっけ?と、昔の写真を探してみたら、なんと同じ位置から撮影した写真が出てきた!
b0288550_09553683.jpg
今は天守閣展望台と言う名前で、展望台のすぐ脇に土産物屋がでーんと構え、何台もの大型バスが停めれる大きな駐車場が備わり、外国人もいっぱい来ているような高台スポットになっていたのだけど・・・

この頃はまだ「城山展望台」と呼ばれ、細い山道を徒歩で上るしかアクセス方法がなかったような記憶で、私たちが歩いて上ったのは間違いないはず。今の天守閣展望台も歩いて上れるのだけど、当時は車道がなかった気が。。。
b0288550_00251513.jpg
日付を見ると、時は2007年の8月なので、なんと12年も前!!ちょうど亥年だったってこと〜?!
現在高3生、18歳のちゃは6歳で小1生?幼児そのものだし、自分で言うのも何だが、夫も私も若くてピチピチ!!
写真見てしみじみ、12年の歳月って恐ろしい〜〜笑


そしてこちら↓は、フォトジェニックスポットその2、三つ子の合掌造り。
b0288550_23282971.jpg
こちらは、たわわに実った稲穂がこれまた秋らしさ満開で、こんもりした山の深い緑に、堂々とした年月を感じる合掌造りと、黄金の稲穂の組み合わせがなかなか見栄えして、お気に入りの1枚に⭐︎

そして、これまた2007年の写真を振り返ってみると、同じ位置?と思われる場所からの写真を発見!!
当たり前なんだろうけど、つくづく、12年経っても、写真映えスポットって変わんないもんだなあ〜。
b0288550_09561202.jpg
今年のものと見比べると、背景の山の具合が違って見えるのだけれど、写真撮った位置と角度が少しずれてるので、同じ場所じゃないかと推測。
似たような別の場所の可能性もあるけど、三つ子の建ち位置と、写真に写り込んでいた家の右側に続く道(上記の写真ではカットした)からして、同じスポットだと思うのだけどなあ。。


それにしても、白川郷って外国人が好みそう。実際、外国人いっぱいだったしね。日本的情緒たっぷりで、私も好きだなあ。
あ、でも、12年前に行った時は、富山県の五箇山も一緒に巡ったのだけど、五箇山の方がのんびりした雰囲気で、もっと合掌造りの風景を満喫できて良かったような。当時ですら、白川郷は超観光地と言う様相で、五箇山の方が風情があって、私的には訪れる価値は優っていた記憶があるー。



さてさて、肝心の SHÓKUDŌ YArn はと言うと、何と説明して良いのやら?これまで経験したことのない趣向のレストラン。
例えるなら、食のディズニーランドとでも言う?

b0288550_23272433.jpg
ネタばれになっちゃうので、あまり多くは書かないようにするものの。。

謎解きのようなメニューを見ながら、次は何が出てくるのか推測するワクワク感や、SHÓKUDŌ YArn お決まり(多分)の、私たち二人の目の前で、サイホンを使って最上級の鰹節とまぐろ節で、米田シェフ自ら出汁をひくプレゼンなど、あらゆる部分にシェフの遊び心が詰まっていて、1品1品サーブされるごとに、surprise, fun, tasty, interesing, いろんな感情が次々と湧き上がり、どこをとっても素晴らしくて終始圧倒されっぱなしの17品、計4時間!!

めちゃめちゃお腹膨れるので、ワンピースで大正解!
最後までガッツリ美味しく頂けるよう、ワンピースかウエストがゴムのような服装を推奨致します。笑

ここは是非とも、ちゃにも体験させたく、連れてってあげたい〜!から、まずは先立つ物の為に、バイトしなきゃだな〜。。

最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

10月3日 木曜日 トマトペペロンチーノ&豚キムチ&オージービーフステーキ

9月下旬の晩ごはん3日分⭐︎

一人だった夜は、大蒜たっぷりのペペロンチーノ。メインの具材には串切りにしたミディトマトと、シャウエッセンチーズソーセージ。仕上げに、庭のバジルをてんこ盛り。
b0288550_09324268.jpg
dinner 2019.9.26
*トマトとソーセージのペペロンチーノ:しめじ・しし唐・モロッコいんげん・大蒜・EXオリーブ油・バジル・ミディトマト・シャウエッセンチェダー&カマンベール・マッサ・胡椒・ピリピリソース
*野菜の納豆和え:茗荷・わかめ・人参・青しそ・納豆・すりごま・米酢・アルペンザルツ



あとは、冷蔵庫の野菜を千切りにして納豆と和えた1品。一人の日は楽ちん〜♪

週末の晩ごはん、こちら↓は土曜日。
b0288550_18593043.jpg
dinner 2019.9.28
*豚キムチ:ニラ・豚切り落とし・大蒜・太白ごま油・キャベツ・人参・玉ねぎ・ピーシェン豆板醤・シャンタンDX・しし唐・塩麹・胡椒・白菜キムチ・すりごま
*白滝としめじの明太子茶碗蒸し:白滝の明太子だし漬け・茗荷・卵・茅乃舎だし・あごだし醤油・黒七味
*らっきょう漬け
*サラダ:ミックスリーフ・ルッコラ・水茄子・トマト・大根・茗荷



庭のニラとキムチで豚キムチ。同じく庭の茗荷は茶碗蒸しにトッピング。この時期になっても、まだぼちぼちと収穫があるので、助かる〜。

こちら↓は、日曜日の晩ごはん。
b0288550_19050800.jpg
dinner 2019.9.29
*もやしと茗荷と若布のサラダ:亜麻仁油・すりごま・旭ポン酢
*オージービーフステーキ:ヒマラヤ岩塩・胡椒・わさび・ミディトマト
*落花生の塩茹で
*白菜キムチ&らっきょう漬け
*干し海老&干し貝柱のトマトごはん:人参・玉ねぎ・チキントマトコンソメ・マッサ・トマトペースト・赤ワイン・ドライトマトのオイル漬け・バジル・胡椒



夫のアウトドアグリルは、またもオージービーフステーキ!
どうも、牛の塊肉がお好みっぽい。そんでもって、焼くたびに腕を上げてて素晴らしい〜〜〜!
だけれども、切る役の私はもうちょっと薄く切るようにしないと、この厚みだと流石にお箸で食べるには、噛み切りづらし。ナイフとフォーク使って食べるなら問題ないのだろうけど、我が家の晩ごはんでそんな習慣ないしね〜。
ということで、私はまだまだ要修行!



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。

10月1日 火曜日 水茄子と茗荷の冷しゃぶ 

週末のおうち弁当⭐︎
b0288550_18250134.jpg
9月28日 土曜日

・白滝の明太子だし漬け
・串切りトマト
・水茄子と茗荷の冷しゃぶ
・からすみパウダー&ごはん
・剝皮辣椒(青唐辛子の醤油漬け)



水茄子と茗荷の冷しゃぶ⭐︎
(2人前)

◎材料
・豚肉(しゃぶしゃぶ用):150g
・水茄子:2個
・茗荷:6個(斜め薄切り)
・青しそ:5枚(千切り)
・酒:大さじ1
・和風だし粉末:小さじ1
・八方だし:大さじ1
・米酢:大さじ1
・醤油麹(なければ味噌):小さじ1
・一味(お好みで):少々

◎作り方
1、水茄子は縦半分に切ってから、5mm幅程の斜め切りにし、ボールに入れて塩少々(分量外)をまぶして塩もみをする。水分が出たら、何度か水を替えながら洗ってザルに上げ、軽く水気を絞る。
2、お鍋にお湯を沸かし、沸騰したら一旦火を止めて酒を加える。お湯の温度が80度くらいになるよう、弱火にかける。
3、1に豚肉を1枚ずつ入れて、火が通ったものから順に取り出し、ボールに入れて冷ます。
4、3の豚肉に和風だし粉末を加えてよく絡め、そこへ、1の水茄子と八方だし、米酢を加えて満遍なく混ぜ合わせる。
5、薄切りにした茗荷に醤油麹を絡める。
6、4の豚肉と水茄子を器に盛り、5の茗荷を上にのせ、更にその上に青しそを盛り付け、お好みで一味を振る。
b0288550_10361480.jpg
豚肉と水茄子は、だしの風味たっぷりまとわせた酢醤油味にし、茗荷には醤油麹で深みのある味付け。一緒に食べるとさっぱり美味しい夏の味。もう10月だけどね〜。。笑
先日、高山の産直で水茄子をゲットしたもんで、庭の大量の茗荷と合わせてみた。夫にも、これ旨いわ〜〜と、大好評だった!

この日のその他はこんな感じ↓。
b0288550_10285209.jpg
dinner 2019.9.27
*お味噌汁:ニラ・大根・人参・しめじ・椎茸・モロッコいんげん・生姜・冷しゃぶの茹で汁・酒・一味
*水茄子と茗荷の冷しゃぶ:青しそ・豚切り落とし・茅乃舎だし・八方だし・米酢・醤油麹・一味・酒
*白滝の明太子だし漬け:若布・茅乃舎だし・あごだし醤油・みりん・純米生仕込み辛子明太子・わさび
*サラダ:ルッコラ・ミックスリーフ・トマト・フライドエシャロット
*自家製いくら塩漬け
*七分づきごはん



こちら↓は、もう10日程前?の晩ごはん。
b0288550_16012672.jpg
dinner 2019.9.22
*オージービーフステーキ:もも肉・ヒマラヤ岩塩・胡椒
*トマトマリネ:バジル・大蒜・EXオリーブ油・ピリピリソース・塩麹・胡椒
*落花生の塩茹で
*牡蠣と若布の溶き卵スープ:玉ねぎ・人参・椎茸・卵・シャンタンDX・オイスターソース・宗田節醤油・一味
*サラダ:ルッコラ・ミックスリーフ・大根・キャベツ・茗荷・すりごま
*純米生仕込み辛子明太子
*七分づきごはん



この日の夫のアウトドアグリルは、オージービーフステーキ⭐︎
ほんとね〜、焼きの腕がめっちゃ上達していて感心する!夫が自分で買って来るお安いお肉が、ご馳走になって助かるわ〜



最後まで見て下さってありがとうございます。

旅に関する新しいブログを開設しました。
まだコンテンツが少ないのですが、ぼちぼち書いていこうと思ってます。
よろしけばご覧下さい!
b0288550_18060729.png







↓こちらからお弁当を楽しんでいる沢山のブログがご覧になれます。
↓ご訪問のついでに是非のぞいてみてください。
↓ブログランキングに参加しています。是非ココをポチッとお願いします。
フーディストアワード2019
フーディストアワード2019

▲このページの上へ